スタッフコラム

2021.03.14

フルハーネス

設計の林です。

雪も解け、暖かい日差しが差し込む日が増えましたね。

先日、来年の2月に義務化される

高所作業時に使用するフルハーネスの講習に参加してきました。

 

 

 

高所からの墜落・転落による労働災害は、

長期的には減少傾向にあるものの

いまだに建設業全体の4割以上を占めており

墜落・転落災害の防止対策の推進が喫緊の課題となっています。

労働安全衛生法では、高所作業において

墜落による危険を防止するため

高さ2m以上の箇所 (作業床の端や開口部を除く)

で作業を行う場合に、作業床を設けることが必要ですが

設けることが困難な場合には、二次的な措置として

安全帯を使用するなどの措置が義務づけられています。

 

 

こうしたなかで、平成306

労働安全衛生法施行令が一部改正され

一定の要件を備えたものでないと使用できない「安全帯」

「墜落制止用器具」に改められました。

 

 

また、労働安全衛生規則等が一部改正され、

高さが2m以上の箇所であって作業床を設けることが

困難なところにおいて

墜落制止用器具のうちフルハーネス型のもの

(行う作業(ロープ高所作業に係る業務を除く)については、

特別教育の対象となりました。

 

 

 

この改正を受けて、このたび弊社の施工管理や、

お世話になっている職方を集めて

建設業労働災害防止協会の特別教育用テキストに倣って

講習を行いました。

正直こんなに事故数が多いとは知りませんでした・・・。

 

落制止用器具の装着方法、取付け設付け方法などは、

作業従事者にとっては、重要かつ必要な知識であると考えられます。

作業従事者に広く活用され

墜落・転落災害防止対策の推進に期待致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※固い話だったので 何の需要も無い

 弊社スタッフによる 年明けの

 護国神社参拝の模様をお届けします。

  

 

 

 

 

※書初め風景など 


 

 

 

 

 

 

 

  建築業界のみならず、時代に伴い

 技術は更新されていきますが

 いくつになっても常に謙虚な気持ちと

 学ぶ心を忘れず 頑張りたいと思います。

 

 年明けのブログがだいぶ遅くなりましたが

 皆様のご健勝、陰ながら願っております。

 本年も宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

新潟で中古住宅|物件探し|リフォーム・リノベーションするならKidoriya 

https://www.kidoriya-fudosan.com/

ページの先頭へ

Copyright (C) Kidoriya, All Rights Reserved.